20代、読書頑張る

社会人にとって読書は大切だといわれます。1週間に1冊読書チャレンジするブログです。

会社でバレンタインデー禁止令!賛成派、反対派の意見に共感できるのか?

社会が色めくバレンタインデー

お正月が終わると、鏡餅がディスプレイされていたスペースに赤やピンクに彩られたチョコレートが大量にならびます。この時期からは、世の女性はバレンタインに向けてチョコを購入したり、手作りチョコのアイディアを練りだしたりしますね。

 

本命にあげるのか、会社の人つまり義理チョコなのか、友達にあげるのか様々化と思いますが、近年は義理チョコ禁止令が出ている企業もあるとか。

 

この記事では、義理チョコ禁止令の背景や賛成派、反対派の意見を見て私なりの考察を書いていきたいと思います。

 

義理チョコ禁止の背景とは?

そもそも義理チョコとは、文字通り本命の相手でない人に渡すチョコレートのことです。本命チョコは一人の人に渡せばいいのですが、義理チョコは数に制限がありません。つまりどれだけの人に渡してもいいということですよね。

 

この義理チョコって結構しんどいんですよね。普段よくしてくれる人に渡せばいいけど、いざとなってその場に渡すつもりじゃなかった人が来たりしたら・・・とかいろいろ考えて、結局いつも多めに用意します。

 

これって義理チョコの本質じゃないんですよね。あなたは義理チョコはだれに渡しますか?会う人会う人にいちいちチョコをあげていたらきりがありません。

 

会社員の皆さんは、会社の男性陣にチョコを渡したりしますよね。ほかの女性が渡しているのに自分だけ渡さないのも気まずいし・・・ということで多くの女性は会社の人のために義理チョコを用意するでしょう。

 

チョコって買うのにすごくお金がかかるし、男性の多い会社だと女性の経済的負担が計り知れません。虚礼廃止を呼びかける声も多く、別に何とも思っていないのにチョコを渡すのってどうなの?という意見もあります。

 

義理チョコ禁止令賛成派の意見

バレンタインって仕事に関係ないし、チョコを買ったり作ったりするという手間が負担になってしまうという意見があります。

 

実際、ただチョコをあげるだけなのに何が負担なの?と感じる方も中にはいるかもしれませんが、女性はバレンタインのために何日も前から準備を始めます。それが本命相手なら苦にはなりませんが、義理チョコのために熱をそそぐのは大負担です。

 

男性側からしてもホワイトデーにお返ししないといけないので、気を使ってしまうという声があります。

 

くださいといっているわけではないのにもらって、しかもお返しもしないといけないなんて・・・女性同士でもらった場合も、私は用意してないのにチョコをもらってしまったどうしよう、などと気をもんでしまいます。

 

中には、女性から男性に対してチョコレートを上げるという行為にパワハラやセクハラと近い感情を持っている方もいるそうです。うーん、言われてみれば嫌悪感を抱かないではないかも。

 

義理チョコ禁止令反対派の意見

義理チョコ禁止令に対して反対意見もあります。チョコレートをあげることによって、普段の感謝を伝えるきっかけになるという意見や、会社の雰囲気が和やかになるなどといった意見があります。

 

確かに、コミュニケーションが大切な社会人にとってバレンタインにチョコを上げるという行為はいいコミュニケーションのきっかけになります。

 

結局どっちがいいの?

人の考えは多種多様なので、どれが正しいと断言することはしませんが私はバレンタインに義理チョコを配る必要はないと思います。

 

あげたいと思う人にあげればいいと、口で言うのは簡単ですがそうはいかないのがこの社会です。ならいっそ禁止してしまえば上げるがわももらう側も楽です。

 

感謝を伝えるタイミングは別にバレンタインデーでなくてもいいのではないでしょうか。そればできれば苦労しないよという意見がでそうですが・・・

 

世の女性よ、無理をするでない

賛否両論あるとはいえ、時代の流れは確実に虚礼廃止の風潮になっています。思ってもいないのに感謝を伝えるなどといった行為はどうなのか・・・と思う人が増えてきたということです。

 

また、むだ・非効率なことはどんどん排除しようという風潮もないとは言えません。ですのでこれからも義理チョコ禁止、もしくはバレンタイン自体が禁止になる会社も増えてくるかと思います。

 

いずれにしても、女性の皆さん、バレンタインの本質を忘れることなかれ。

 

会社でチョコを配る必要があるのであれば、一人で抱え込まず周りの女性を巻き込んで最善の方法を考えてみてください。